PIPELINE

Believe in the power of true regenerative medicine

リードパイプライン: HS-001

リードパイプライン

戦略: 世界の死因の第1位は心臓病で、左心室の収縮不全による心不全がその筆頭です。 十分な数の心室筋を移植すること、これが収縮不全の心不全(HFrEF)の抜本的な治療になりうる、現状でベストのアプローチであると考えています。

対象疾患: 収縮不全による心不全を対象としています。これには、拡張型心筋症(DCM)、陳旧性心筋梗塞(OMI)、拡張相肥大型心筋症(D-HCM)などが含まれます。

開発品: 他家iPS細胞由来再生心筋

投与経路: 心筋内投与

開発ステージ: 前臨床 臨床試験を2020年開始予定

PIPELINE

次世代に向けた研究活動

心臓病治療としては先行するパイプラインのHS-001(他家iPS細胞由来再生心筋の心筋への投与)以外に、免疫拒絶反応の無い自家iPS細胞やHLAをノックアウトしたiPS細胞を利用した心筋作製の研究を進めています。また、より簡便で多くの施設で実施可能な投与方法についても他企業と共同で研究をしています。

TECHNOLOGY

rooted in cutting-edge science
心筋再生医療の全体像

MANAGEMENT

福田恵一

福田恵一

代表取締役CEO
    • 1987年
    • 慶應義塾大学大学院医学研究科(循環器内科学)修了
    • 1987年
    • 慶應義塾大学助手
    • 1991年
    • 国立がんセンター研究所に国内留学
    • 1992年
    • 米国ハーバード大学ベスイスラエル病院分子医学教室留学
    • 1994年
    • 米国ミシガン大学心血管研究センターに留学
    • 1995年
    • 慶應義塾大学医学部 循環器内科助手
    • 1999年
    • 慶應義塾大学医学部 講師
    • 2005年
    • 慶應義塾大学医学部 再生医学教授
    • 2010年
    • 慶應義塾大学医学部 循環器内科教授
    • 2015年
    • Heartseed株式会社設立
安井季久央

安井季久央

管理担当取締役
    • 2005年
    • 東京大学大学院薬学系研究科修了
    • 2005年
    • ベイン・アンド・カンパニー入社
    • 2009年
    • ヤンセンファーマ入社、社長室メンバーとして全社及び部門重点プロジェクトを推進
    • 2010年
    • アッヴィ/アボットジャパン入社、事業開発・ポートフォリオマネジメントに従事した後、コマーシャルディベロップメント部長、マーケットアクセス部長、事業部長等を歴任
    • 2019年
    • Heartseed株式会社入社 取締役COO就任